結婚式までの準備と、その流れを確認

結婚を決めてからは、結納をはじめとして決めなければいけないことが山のように出てきます。ここで一連の流れをご紹介しておきますので、いつ頃からどのような準備が必要になってくるのか、しっかり段取りできるようにしましょう。

1年~6ヶ月前

プロポーズ、自分の親と互いの親へ結婚報告を行う、結婚式会場探し・決定

6ヶ月前~3ヶ月前

指輪の購入(プロポーズ時に指輪を渡してない場合はここで購入もOK。結婚指輪はこの時期に早めに探し始めましょう)、仲人への依頼、結納・両家の顔合わせ、式の招待客を調整する、新婚旅行の計画を行う、新居の検討を始める

3ヶ月~1ヶ月前

招待状を発送する、司会者・スピーチ・受付の依頼をする、勤務先への結婚報告を行う、式の演出内容の打ち合わせ、ドレス・小物などを決定、手作りアイテムの作成、2次会の会場を予約、ブライダルエステを開始する。

1ヶ月前

招待客を決定する、席次表の作成を行う、料理の選定、引き出物の手配を行う、写真・ビデオの手配を行う、新居への引っ越し
注)遅くともこの時点で結婚指輪が手元にあるように!

1週間前~前日

式場との最終的な打ち合わせ、持ち込み品の搬入、心付け・車代を用意、産毛やネイルのケア

結婚式後

レンタルしたものの返却(ドレスなど)、新婚旅行、お祝い返しや手伝ってくれた友人へのお礼、結婚の報告ハガキを作成・発送、役所や銀行への各種変更手続き、写真の焼き増し

ざっと書き出しただけでもこんなに準備することがあります。細かく言えばもっとありますが…。大体の流れを頭に入れておくだけでも慌てることは随分と少なくなります。

結婚が決まったら、1年後を目安に結婚式と入籍を行うというスケジューリングをすると、余裕をもって準備を行うことができて楽しめます。「結婚前のこの1年が一番楽しい(結婚後よりも)」という声もあるとかないとか・・・(笑)。