婚約指輪というと、「給料3ヶ月分」などという言葉が広く知られていますが、あまり真に受けることはないです。実際のところそれ程の高値のリングを送る男性も少ないと考えて良いでしょう。結婚情報雑誌やネット上で公開されている平均的な価格帯は、30万円〜50万円となっています。

ダイヤ付きリングの価格について

  • ブライダルリング専門店・・・最低価格12万円台〜
  • 御徒町のジュエリー店・・・最低価格9万円台〜
  • 海外ブランド店・・・最低価格25万円(一般相場価格よりブランド料(?)が何割か上乗せされるそうです。

婚約指輪もリューツウで購入しました。ここでもブランドにこだわるよりは、ダイヤの品質に目を向けて選ぶことをオススメします。

ダイヤ入りのゴージャスな指輪は、一生のうちにそう何度も手にできるものではありませんので、この時が最初で最後の機会になる方が多いでしょう。生涯大切にできるような指輪を選ぶようにしたいものです。

婚約指輪として贈るのであれば、上記の平均購入額に収まるように“質の良いもの”を賢く選びたいもの。「ダイヤ入りの指輪は高くて手が出せない」と諦める前に、御徒町のショップで探してみると良いです。

デパートや海外ブランドのジュエリー店で見るものと同じ大きさのダイヤのリングでも、かなりお得なお値段になっています。

選ぶ時に男性に心がけて欲しいこと

婚約指輪は結婚指輪とは違い、普段身につけるものという認識ではないですが、「タンスの肥やしにされるよりは、気軽に身につけて欲しい」と考えるのであれば、“埋め込みタイプ”の婚約指輪を選ぶと良いと思います。石が邪魔にならないので普段使いもしやすいです。

「記念品として立派なものを・・・」と考えるのであれば、石が引き立つ“立て爪タイプ”のデザインを選び、ハレの日や特別なイベントに身につけられるような指輪を選ぶのも素敵です。

高価なものを無理に買う必要はありません(女性は男性ほどスペックを気にしないものです)。パートナーの女性が気に入ってくれそうなデザインを選ぶことを心がけてみて下さい。大切なのは気持ちですから「どんなものが似合うか、気に入ってくれるだろうか」を悩んで選んでもらえたなら、女性としては何よりも嬉しいのです。