ダイヤモンドはここに注目

リューツウで購入したダイヤのリング婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドのついたリングを選ぶのであれば、ダイヤの価値を判断する基準についても事前に知っておきたいものです。

店員さんのペースにのまれることなく、冷静な目で選ぶようにしましょう。御徒町のジュエリーショップで聞いたポイントを整理してみました。

 ダイヤモンドの世界基準は4C

4Cは“フォーシー”と読みます。ダイヤモンドの価値を決める4つの要素の頭文字をとって4Cと表します。4つのCは、カット(cut)・カラット(carat)カラー(color)・クラリティ(clarity)になります。4Cは鑑定書にも記載されています。

  • カット・・・ダイヤモンドの輝きを決めるのに一番重要になってくるのがカットです。仕上がりの形の善し悪しで評価が決まります。日本では5段階評価になっていて、高い方から順に、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアとなっています。素人目にもわかりやすいポイントとなるので、是非エクセレントを選ぶようにしましょう。
  • カラット・・・多くの人は大きさのことだと勘違いしていますが、重さを指しています。1カラットは0.2gです。注意したいのは、同じカラット数でも大きさは全て一緒ではないので、指輪を選ぶ際には大きさとカラット数を混同して考えないように気をつけましょう。
  • カラー・・・すべてのダイヤモンドは無色透明に見えますが、厳密に言えば無色〜黄みがかったものまであり、婚約指輪には無色のものが最適とされています。
  • クラリティ・・・婚約指輪のダイヤモンドの透明度を評価します。11段階に分けられ、透明度が高いもの程、高評価になります。

カットの形

ダイヤモンドのプロポーションレポートダイヤモンドのカットには沢山の種類があります。一般的なカットを数種類挙げておきます。

  • ラウンドブリリアントカット・・・このカットが一番オーソドックスな丸型になります。ダイヤの輝きが最も美しいカットと言われているので、婚約指輪にはぴったり。
  • ハートシェイプ・・・可愛らしいハート型のダイヤです。人気も上昇中。
  • オーバルシェイプ・・・楕円型はダイヤの大きさを強調して見せることができ、やわらかな印象です。

他にも、涙型や正方形などがあります。

 ダイヤモンドのデザインとセッティング

婚約指輪の定番デザインは“ソリティア”と呼ばれる中石が1粒ついているもので、ダイヤの美しさを強調したいならこのデザインが1番です。存在感があり、婚約指輪らしいデザインです。

普段使いしたい場合には、埋め込みタイプがオススメです。これならば、服に引っかける心配もありません。

「それでは地味すぎるのでは…?」とお思いであれば、パヴェと呼ばれるアームに小さなダイヤ(メレダイヤと呼びます)を敷き詰めたデザインを選ぶと華やかですし、普段使いにも違和感なく身につけることが出来ます。

他にも“サイドストーン”といって、中石の両脇にメレダイヤなどの石をあしらったデザインも人気があります。バランスの美しい、華やかな印象です。