結婚指輪(婚約指輪も)のオーダー方法は、大別すると「セミオーダー」「フルオーダー」「レディメイド」があります。それぞれ指輪を手に入れるまでの期間に差がありますので、ここで紹介しておきたいと思います。

セミオーダー

一から全部自分たちで決めるのは大変だけど、既製品では物足りないという方にはこちらがおすすめ。あらかじめ用意されたパーツを組み合わせる方法になります。流れとしては、お店が用意してくれたいくつかのデザインの中から、自分たちの好みのものを選びます。そして素材を選び、仕上げ方法などの細かい部分を選んでいきます。石を入れたい場合は、石の種類・大きさ・はめ込む位置なども相談していくことになります。お店によってどの程度対応してくれるかは異なりますが、既製品の中から探すよりも、“自分たちだけのリング”という愛着を強く持てます。完成までは、大体6ヶ月~4ヶ月見ておきましょう。

フルオーダー

デザインの段階から、自分たちで決めていくオーダー方法です。作る過程は一番大変でとても時間がかかりますが、「世界にたった一つ」の指輪になりますので、一生の素敵な思い出ができる事は間違いないでしょう。フルオーダーで本当にうまくできるのかと心配される方もいらっしゃるでしょうが、店員さんがアドバイスをくれるので心配は無用です。話合いを重ね、二人の趣向に合ったデザイン画を作成してくれます。実物の完成までにはかなり時間がかかりますので、半年以上前から準備することが必要になってきそうです。

レディメイド

商品として既に完成しているものです。実物の指輪を見て購入できるので安心感があります。しかし、サイズ直しや取り寄せ、刻印などが必要なケースが多いため、その場で持ち帰ることができる、と考えるのは危険かもしれません。
少なくとも指輪が必要な日の1ヶ月前には決められるようにしましょう。実物を見たり試着をし始めるのは、もっと前から行うのが理想です。ただ、他の方法と違って指輪の型はお店が既に持っているので、サイズ直しなどは2週間程度見れば良いようです。