結婚指輪を選ぶのにあたって、気になるのはやはりお値段。この不況下で、「あまり指輪にお金をかけられない」という方、「結婚式の方にお金がかかりそうだから、節約したい」という方もいらっしゃるでしょう。かといって、“一生もの”になる指輪ですから、質の良いものが欲しいしですよね。

購入する場所によって、かなり品質には差が出てきます。同じ金額を払うのなら、やはり高品質のものを選ばなきゃ!ここでは、結婚指輪の平均的な購入金額、素材ごとの価格についてご紹介しておきます。

結婚指輪の平均購入価格

新郎新婦合わせて、15万円~22万円程度となっているようです。ちょっと幅がありますが、私の周りでは二人分で大体20万円いかないくらいという夫婦が多いです。女性の指輪はちょっと高めで10万円強、男性の指輪は石が入らない分10万円はかからないという話はうなずく人が多かったですね(20代~30代の男女)。内側に文字を入れるなどすると3000円程度プラスになる場合もあります。

近年、セミオーダーの指輪やプラチナ、ダイヤ入りを好む方が増えていることや、素材の価値が高騰してきている傾向もあり、費用相場は年々増加傾向にあると言われています。

素材で異なる価格

  • プラチナ・・・2010年5月時点で、1グラムあたりのお値段が4000円強となっておりますが、その価値は年々高くなってきているようです。プラチナリングの購入価格は国内大手メーカーのプレーンものならば1本7〜10万くらい。石やデザインなどで40万弱程度するものもあります。
  • 金・・・2010年5月時点で、1グラムあたりのお値段は3000円強となっています。波がありますが、プラチナよりも1000円〜1500円程度お安いように見受けられます。国内大手メーカーのプレーンなものならば6〜7万円程度の価格となるようです。
  • 銀・・・2010年5月時点で、1グラムあたりのお値段は60円弱でした。プラチナとの価格差は100倍以上になることもあるようですので、やはりお安いですね。銀のリングであれば、1万円程度で購入も可能となるようです。

これを見て、「この価格では難しいな・・・」と思われた方も、御徒町で指輪を探してみると同じものが定価の半額程度で見つかるので、騙されたと思って足を運んでみて下さい。目から鱗が落ちます(笑)。