指輪はその場で手に入らない!?

結婚指輪は、必ず結婚式に間に合うように用意するように気をつけて下さい。以外と見落としがちな失敗として、“指輪が間に合わない”という最悪のケースもないわけではありません。お店に行けば、「その場で持って帰れる」と思っている方もまだまだ多いようですし、何を隠そう管理人も結婚前はそう思っていたのです(苦笑)。実際に旦那と揃ってお店に出向いたのが、式の1ヶ月前だったのですが、受け渡しは3週間後だったように思います。「ギリギリだったね~!」などと二人でハラハラしてました。

既製品であればサイズさえ合えばその場で持って帰れるのですが、現実はなかなかそううまくはいかず、取り寄せになったり、サイズ直しが必要になるケースがほとんどだといいます。オーダーメイドの結婚指輪を希望するカップルが多いので、現実はもっと早めに準備を始める必要性があり、最低でも4ヶ月前にはお店を訪れることをおすすめいたします。

そこまで急がなくても・・・と思うかもしれませんが、お店側の都合で予定よりも納期が遅れる可能性もゼロではありません(滅多にないですが)。万が一の事態にも対応できるだけの充分な期間をみることが安全策だと思います。

安心なのは6ヵ月以上前から動くこと

最適なのは6ヶ月以上前からお店を訪れること。この位の余裕を持って探し始めれば、フルオーダーの指輪も注文を受け付けてくれるお店があるでしょう。「一生に一度の記念だから、自由に選びたい」と考える人ほど、早めに動き出すことが必要になってきます(探し始めるタイミングは、“結納から式までにやるべきこと”でご紹介しています)。

「どうしても間に合わない!」という場合は、他のリングで代用することも考えなくてはいけません。でも、結婚式に代用のリングというのもちょっと悲しいですよね。そんな事態を招くことのないよう、“指輪の受け取りは思ったよりも時間がかかる”ということを忘れないで購入して下さい。